ポケットwifiの実際の数値を徹底比較する

ポケットwifiはわざと比較しにくくしてる?


ポケットwifiに限らず、携帯電話等の電波系(?)のプランって、

「わざと比較しにくくしてるんじゃないの?」

と思う事、ありませんか?

「使い放題!」「最高〇〇Mbps!」「月額〇〇円と最安」

などとデカい字で書いているのに、実際は違うなんてケースも多々あります。

実は、ポケットwifiの比較で本当に大切な事は、デカい字にはないんですよね。

ポケットwifiの数値って、本当に大切な事は極小の文字で、長々と書かれているのです。

大きい字の短いフレーズは広告文句なので、さほど正確なものでない場合が多いです。

早速、ここからはポケットwifiの各社のプランの比較をしていきます。

その前に、以下の事を抑えておいてください。

「ポケットwifi」はワイモバイルのモバイルwifiルーターを呼ぶ商品名。
しかし、当サイトでは、便宜的にモバイルwifiルーター全てを「ポケットwifi」と呼称しています。

「ポケットwifi」という言葉がモバイルwifiルーターの代名詞になっている為です。

「ポケットwifi」の情報を裏読みした上で比較する

大きい字で書かれている内容があまりに凄いポケットwifi、ヤフーwifiを例に紹介します。

以下、厳しく比較してゆきますがヤフーwifiはおすすめポケットwifiの1つです。

大きい字にことごとく※印がついていますね。
一つ一つ比較していきましょう。

別タブで参考サイトを見ながらの方が分かりやすいでしょう。

参考サイト:ヤフーwifi公式サイト

1、Yahoo! Wi-Fi史上最速

Yahoo! Wi-FiのポケットWiFiにおける。

と小さな字で書いてあります。
「史上最速」が目立ちますが、全てのポケットwifi史上ではなく、
Yahoo! Wi-Fiの中で史上最速」の意味。

ちなみに、ドコモのPREMIUM 4Gは788Mbps、
WiMAXは708MbpsでYahoo! Wi-Fiより速いです。

2、612Mbps 下り最大

下り最大612Mbpsの提供エリアは一部エリアから順次提供中です。今後、全国主要都市に順次拡大予定です。ご利用のエリアによって、最大通信速度が異なります。3Gエリア(国内)には対応しておりません。また、記載している通信サービスはベストエフォート方式のため、回線の混雑状況や通信環境により、通信速度が低下、または通信できなくなる場合があります。なお、本商品の上りデータ伝送の効率化により、ご利用の環境によっては、記載の通信速度以上のデータ伝送が可能となります。

小さい上に非常に長いですので大事な点を要約すると、

  1. 612Mbpsで繋がる地域は一部。これから拡大予定。
  2. 612Mbpsはすごく良い環境で出た最高速度で実際には出ない場合がある

となります。

ちなみに最後の

本商品の上りデータ伝送の効率化により、ご利用の環境によっては、記載の通信速度以上のデータ伝送が可能となります。

ついては、「記載の通信速度以上のデータ伝送が可能」なのが上り速度なのか、下り速度の話なのかよく分からないので割愛。

612Mbpsというベストの数値は一般の環境ではまず出ないです。
ポケットwifiの場合、実測で半分出たら喜ぶべきだと思います。

仮に半分しか出なくても、ポケットwifiはめちゃくちゃ速いのは変わりませんので問題なしです。

3、月間データー容量上限なし

「アドバンスモード」利用時、混雑回避など通信品質確保のために、速度制御を実施させていただくことがございます(3日間で約10GB以上利用時)

まず、アドバンスモードを申し込む事が、月額データー容量無制限になる条件です。
アドバンスモードを使うには、月額の3,696円に加えて684円支払う必要があります。

要するに、

「アドバンスモードは基本的に無制限ですが、3日間で10GB使うと速度制限される」

という意味。

速度制限の内容については、別ページにあって、

当日18時から翌日1時まで

制御後の最大通信速度は約1Mbps

とあります。

ポケットwifiで「3日で10GBなんてまず使わないな」と思うならこの点はクリアです。
一か月でもそこまで行かない方、多いのではないでしょうか。

最後に、もう一つ重要なのが契約の縛り

他のポケットwifiと比較してみると、2年縛りが多いのですが、小さな字でこうあります。

「Y!Fi(ワイファイ)データプラン2(4G/LTE)さんねん+アシスト1080」(3年契約)のお申し込みが必要です。

3年縛りなんです。
他社と比較しても3年縛りのポケットwifiは多いです。
2年縛りのポケットwifiとの比較は別途解説します。

ポケットwifiの速度が速い〇
アドバンスオプション付けて4323円料金。そこそこ安い〇
3年縛り△

当サイトのヤフーwifiの評価はこんな感じです。

ポケットwifiの比較で一番重要なのは対応エリア

ポケットwifiの比較で一番、重要なのは、対応エリアです。
速度や料金を優先して、これを比較対象にしない方、結構います。

ぶっちゃけた話、理論値の最高速度なんて出ないんですから、最高速100Mbpsくらい差は比較の重要ポイントではありません。

今のポケットwifiの通信速度は、そもそもが速いので。

料金も、月額500円程度の差の範囲なら、重視する優先順位は低いです。
もちろん、比較する事は大切ですが、そもそもが安いです。

ただポケットwifiのエリアは複雑で、とても重要。
ポケットwifiの比較で最も重視すべきなのがこのエリアです。

引き続きヤフーwifiを例に比較検討してみましょう。

ページ中ほどにある↑の「AXGP提供エリアはこちら(ワイモバイル)」をクリックすると、
エリアマップに飛ばされます。

そこで、例えば、東京を選ぶと以下になります。(2018年1月現在の地図です)

青い部分が、ヤフーwifiが謳う「最大612Mbps」のアドバンスモードのエリアで、このエリア内では無制限。
(3日間で約10GB以上利用した場合を除く)

赤い部分は、4Gエリア。
こちらで月7GB以上使用してしまうと、アドバンスオプションを申し込んでいても速度規制されます。

要するに、アドバンスモードを申し込んでいるなら、

  1. 青いエリア内では無制限&高速
  2. 赤いエリアで月7GB以上使うと速度制限がかかる

という事。

自宅はもちろん、自分のだいたいの行動範囲が青いエリアに入っているか確認する事がとても大切です。

首都圏と比較して地方は青いエリアかなり狭くなります。

青いエリアは非常に限られます。
これでは、アドバンスモードを申し込んでもほとんどメリットがありません。

特に地方の方は、申し込む前に絶対にエリアチェックしましょう。

まずすべきはポケットwifiの対応エリアの比較であって、次に速度や料金の比較。
この順番が大切だと思います。

WiMAX2+を比較してみる

ポケットwifi≒モバイルwifiルーターで、月額無制限の高速通信と言えば、WiMAX2+です。
UQ WiMAXが主体になって、様々なプロバイダが展開してます。

では、こちらを比較してみましょう。

中でも「どうしてこんな値段が可能なの?」というくらいリーズナブルなのがGMOとくとくBB

以下の公式サイトを見ながら、丁寧に解説していきましょう。

参考サイト:GMO WiMAX2+公式サイト

WiMAX2+の最高速度708Mbpsを出すSpeed Wi-Fi NEXT W05をチョイスできます。

ちなみに、ヤフーwifiは612Mbps で比較すると、勝ってますが例によってこんな速度はまず出ません。
このくらいのポテンシャルがあるので、期待してもいいんじゃないか、くらいに思っておきましょう。

まずはエリアチェックが必須

何より大切なのは、対応エリア。

というのはGMOのポケットwifiの場合、「20日以内ならキャンセルOK」なんです。
繋がりが悪かったりしたら違約金無しで解約OK。
ここは他社と比較してかなり良心的だと思います。

ただし、その条件は、「ピンポイントエリア判定が〇」である事。

ピンポイントエリア判定の仕方は以下です。
ページ中ほどの地図上の「ピンポイントエリア」タブをクリック

すると、以下のように住所が入力できる画面になるので、住所入力で完了

ここで、〇が出るのが最低条件です。
△や×なら、WiMAXはあきらめた方が無難です。

〇が出た方は、今度は、「サービスエリアマップ」タブを押して自身の行動範囲がエリア内か確認しましょう。
首都圏は当然↓ですが、

地方がキチンとカバーされている保証はありません。

エリアがOKなら速度制限や料金の事を考える

GMOのwimax2+のポケットwifiは、月7GBのライトプランと無制限のギガ放題があります。
この2つの比較だと、とりあえず無制限にしておくと間違いないでしょう。
プランは月ごとに変えられるので、とりあえずギガ放題にして、あんまり使わないのならライトプランにするというのもアリです。

「月額無制限」がうたい文句のギガ放題ですが、実は、注意事項があります。

※ネットワーク混雑回避のため、前日までの直近3日間で「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信量の合計が10GB以上となった場合、「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信速度を翌日にかけて制限します。
※au 4G LTE 対応機種の場合、ハイスピードプラスエリアモードで通信速度制限(月間7GB超)が適用された後は、ハイスピードモードの「WiMAX 2+」通信もその制限の対象となります。

au 4G LTEオプションとは何の為にあるのか?

まず、ここで、なぜ、「au 4G LTE」が出てくるかというと、オプションで、au 4G LTE(1,005円/月)を使う事ができるからです。(3年縛りの契約だと無料)。
では、なぜ、wimax2+のポケットwifiにそんなオプションがあるかというと理由は以下です。

1、wimax2+がカバーしていないエリアをau 4G LTEで補う

地方都市などwimax2+の普及がまだまだの所では、au 4G LTEで接続してエリアの穴を埋めます。
auのスマホで使ってる4G回線なのでwimax2+と比較するとエリアが広いです。

2、wimax2+とau 4G LTEの電波を束ねて高速通信をする

例えば、最高速度708Mbpsをたたき出すSpeed Wi-Fi NEXT W05。

■speed Wi-Fi NEXT W05

この仕組みは、wimax2+とau 4G LTEの電波を束ねて最高速度を出す仕組みです。

要するに高速化の為にau 4G LTEが必要という訳です。

ちなみに、このオプション無しだと、WiMAX2+だけなので、558Mbps。
708Mbpsと比較すると遅いように感じますが、そもそもが高速なのでこちらでも問題ないでしょう。

3日で通信量合計10GBで通信制限

3日で10GB使うのは滅多にない気もしますが一応解説します。
速度制限にかかるケースは以下の2つ。

1、wimax2+単体で3日で10GB以上使ったら翌日にかけて速度制限

2、wimax2+とau 4G LTEあわせて10GB使ったら翌日にかけて速度制限

無制限のギガ放題でも、集中的にハードに使うとこのような制限があり得るという事です。

他社のポケットwifiと比較してもこういった速度制限はあります。
最も相当ヘビーに使わないとこの制限はかからないでしょう。

ハイスピードプラスエリアモードの速度制限

au 4G LTE 対応機種の場合、ハイスピードプラスエリアモードで通信速度制限(月間7GB超)が適用された後は、ハイスピードモードの「WiMAX 2+」通信もその制限の対象となります。

ハイスピードプラスエリアモードとは、先ほど解説したwimax2+とau 4G LTE の電波を束ねて高速にするモードの事。

月額1,005円でプラスできるau 4G LTEのオプションは、月7GBが上限。
au 4G LTEの使用量が7GBを超えると速度制限になりスローダウンします。

au 4G LTEは手動で切り替える事ができるので、月7GBを超えないように注意すればOKです。

月額料金を他社と比較してみる

月に無制限に使えるプロバイダを選ぶとしたら、とくとくBBは、他社と比較してもかなり安いです。

以下の表はキャンペーン適用後の各社ポケットwifiの実質価格の比較(価格は変更になることがあります)。

プロバイダ実質料金縛り
●WiMAX2+方式
UQ ギガ放題
4323円
3年
(ルーター代金有料)
GMO2875円2年
GMO
※LTEオプション無料
3338円3年
BIGLOBE
※LTEオプション無料
3509円3年
So-net モバイル
※LTEオプション無料
3735円3年
BroadWiMAX
※LTEオプション無料
3598円3年
●LTE方式
Y!mobile4380円3年
Yahoo! Wi-Fi
アドバンスオプション
4323円3年

とくとくBBは、UQ wimaxの回線を使っているのですが、大元のUQが比較にならない程、高額。
UQはこれに端末代が更にかかりますから比較になりません。

「LTEオプション」というのは、先ほどから解説しているau 4G LTEが使えるプランです。
au 4G LTEは2年縛りでも月額1,005円で追加できますが、3年縛りの契約にすると、月額1,005円が無料になります。

au 4G LTEのメリット

迷いどころは、wimax2+のポケットwifiにau 4G LTEをつけるかです。

つけるメリットは、

【1】wimax2+のカバーエリア外に出た場合も通信できる

【2】wimax2+の最速708Mbps高速通信が使える(最速を出すのにau 4G LTEも利用する為)

の2点があります。

  1. 自宅と行動範囲がwimax2+のエリア内
  2. そもそもwimax2+単体でも十分高速なので、それほど高速である必要はない

なら、2年契約のLTEオプション無しがおすすめ。

  1. 自宅はwimax2+のエリア内だが行動範囲がエリア外の所がある
  2. wimax2+の最高速度を体感してみたい

なら、3年契約のLTEオプション無料プランがお得です。

自分の環境にあわせて比較検討した上、決めてください。

通信速度の比較はアテにならない

LTEのポケットwifiもWiMAX2のポケットwifiも表示されている速度は前述どおり、最も良い電波環境で測られた最高速度です。

最高速度はまず出なと考えておきましょう。

管理人が以前使っていたのポケットwifiを室内で実測してみたところ、40Mbps程度でした。
現在、wimax2+を使ってますが、これも同程度。

私が特別ひどいわけではなく、ハッキリ言ってそんなもんです。

ヒドイ言いように聞こえますが本当に全くアテになりません。笑

使ってみると分かるのですが、通信速度というのは、よっぽど遅くない限り気になるものではありません。

実はかなり高画質の動画を見る場合でも、5Mbpsあれば十分なんです。
ちなみに、youtubeは超高画質モードでも3.5Mbps程度。

huluなどの動画サービスでも2Mbpsあれば全然OKです。

LTEも、WiMAX2も熾烈な最高速度争いをしていますが、両者を比較しても実質的には大きな差ではありません。

  1. 最高通信速度がそもそもアテにならない
  2. そもそもポケットwifiそのものが高速

なので、当サイトでは通信速度の比較でポケットwifiを選ぶ事をおすすめしません。

料金の比較

ポケットwifiは競争が非常に激しい市場です。
したがってどの業者も同じような料金で比較してもたいした違いは出てきません。

携帯大手キャリアであるdocomo、au、ソフトバンクには料金差がありますが、めちゃくちゃ大差があるかというと、そうではありませんね。

ポケットwifiを提供している会社も同じで、料金を比較してめちゃくちゃな差があるという事はまずありません。

違っても月額500前後ではないでしょうか。

1円でも節約したい!という気持ちは分かりますが、1か月に使えるギガ数が限られている安いプランを選んで後悔するケースもあります。

料金の比較の優先順位は、以下の対応エリアの比較よりも下です。

対応エリアの比較こそが最重要

対応エリアの比較をおろそかにする方が結構います。

確かにLTE回線そのものは全国をほぼカバーしていますが、その中にも高速のものと、そこそこのもの(といって遅くもない)があります。

これらの対応エリアはまだらに分布しています。

WiMAX2+も対応エリアは確かに広いですが、自宅はOKでも行動範囲が対応エリアがはみ出す場合、au 4G LTEオプションを付けた方がいいでしょう。

どのプロバイダでもエリアチェックができるようになってますから、対応エリアをきっちり比較しましょう。

ポケットwifiをプロバイダ別に比較する

おすすめは、GMOとくとくBBとヤフーwifiです。
上の料金比較表を見れば一目瞭然で、無制限なのに実質料金がかなりリーズナブルなのがお分かりでしょう。

GMOとくとくBB WiMAX2+

ネット界のコングロマリットの異名を持つGMO
ブログサービスのJUGEM やteacup.ヤプログ!、 サーバーのロリポップ、お名前コムなんかも全部GMOグループです。
それだけにキャンペーンは他と比較しても圧倒的です。
キャッシュバック額32,000円とありますが、キャッシュバックとは実質値引きの事です。

GMOが大元のUQより安いのは、もしかしたら、GMOの他のサービスへの流入を狙ってるのかも。
私も使ってますが、専用のメールアドレスにGMOの他サービスの宣伝メールが来るので。
GMO専用のメールアドレスをとる仕組みで、自分のメアドには宣伝メールは来ません)
使える端末も他社と比較して非常に豊富。
ヘビーユーザーにはギガ放題がおすすめです。

>>GMO WiMAX2+公式サイト

初期費用 端末代0円
事務手数料3000円
使用可能端末 Speed Wi-Fi NEXT W05
最高速度708Mbps
WiMAX2+、LTE対応
Speed Wi-Fi NEXT WX04
最高速度440Mbps
WiMAX2+、LTE対応
Speed Wi-Fi NEXT W04 最高速度440Mbps
WiMAX2+、LTE対応
Speed Wi-Fi NEXT WX03 最高速度440Mbps
WiMAX2+対応
Speed Wi-Fi HOME L01s

最高速度440Mbps
WiMAX2+、
LTE対応
※同時接続42台
Speed Wi-Fi HOME L01 最高速度440Mbps
WiMAX2+、
LTE対応
※同時接続40台

Yahoo!wifi

ヤフージャパンが展開するポケットwifiサービス。
最高速度612Mbpsのエリアに対応しています。

ページ中程の


の「AXGP提供エリアはこちら」からエリアを確認してください(必須です)。
エリア内なら無制限、エリアの外なら無制限プランを申し込んでも、月7GB以上で速度制限がかかります。

ヤフーIDを持ってない方は先に無料で作っておかないと契約できないので注意。
無料でついてくる端末はコンパクトなPocket WiFi 603HW。
ワイモバイル系ですが、本家ワイモバイルと料金比較すると安いです。

初期費用 端末代0円
事務手数料3000円
使用可能端末 Pocket WiFi 603HW
最高速度612Mbps
LTE対応

>>ヤフーwifi公式サイト

ポケットwifiの機種を比較する

ポケットwifiは大きい&重い=電池容量が大きく使用可能時間が長いという傾向があります。
軽量コンパクトなものは、逆に使用可能時間が短めです。
最高速度の比較では、WiMAX2+陣営のポケットwifiが勝利。

最高速度 対応電波 使用時間 重さ、サイズ
LTE陣営のポケットwifi
ポケットwifi 601ZT
112.5Mbps LTE 約10時間 約W71×H71×D14.2mm
93g
ポケットwifi 603HW
612Mbps LTE 約8.5時間 約W109.9×H65.1×D15.5mm
約135g
ポケットwifi 506HW
112.5Mbps LTE 約6時間 約W90.9×H56×D13mm
約75g
ポケットwifi 504HW
261Mbps LTE 約9時間 約W106×H64×D17.9mm
約157g
ポケットwifi 502HW
187.5Mbps LTE 約10時間 約W104×H60×D18.3mm
約150g
ポケットwifi 401HW
112.5Mbps LTE 約6時間 約W90.9×H56×D13mm
約75g
ポケットwifi 305ZT
165Mbps LTE 約9時間 約W117×H62×D13.9mm
約150g
ポケットwifi 303HW
110Mbps LTE
テレビチューナー付
約9時間 約W101×H59.5×D15.9mm
約130g
ポケットwifi GL10P
110Mbps LTE 約10時間 約W91 × H57 × D14.7mm
約120g
ポケットwifi GL09P
pstes
110Mbps LTE 約14時間 約W110.2×H67.7×D18.7mm
約168g
WiMAX陣営の「ポケットwifi」
Speed Wi-Fi NEXT W05
708Mbps WiMAX 2+
LTE
約9時間 約W130×H55×D12.6mm
約131g
Speed Wi-Fi NEXT WX04
440Mbps WiMAX 2+
LTE
約13時間 約W111×H62×D13.3mm
約128g
Speed Wi-Fi NEXT W04
708Mbps WiMAX 2+
LTE
約9時間 約H130×W53×D14.2mm
約140g
Speed Wi-Fi NEXT WX03
440Mbps WiMAX 2+ 約12時間 W99×H62×D13.2mm
約110g
Speed Wi-Fi NEXT W03
370Mbps WiMAX 2+
LTE
約12時間 約W120×H62×D11.4mm
約127g
Speed Wi-Fi NEXT W02
220Mbps WiMAX 2+
LTE
約8.5時間 約W121xH59xD11.1mm
約119g
Speed Wi-Fi NEXT WX02
220Mbps WiMAX 2+
WiMAX
約10時間 約W110×H66×D9.3mm
約95g

上記表は2018年1月現在の主要ポケットwifi機種の比較です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ