イーモバイルとワイモバイル、何が違うのか

top

今は存在しないイーモバイル

イーモバイルとワイモバイル、名前が非常に似ていますが、そもそもワイモバイルというのはヤフーによるイーアクセスの買収によりできたキャリアになります。

またそのワイモバイルも、2015年4月1日にソフトバンクモバイルによる吸収合併がなされる予定です。
イーモバイルとは、イーアクセスの完全子会社という形で2005年1月5日に設立された会社です。
その後2011年にイーアクセスがイーモバイルを吸収合併し、それによってイーモバイル株式会社はなくなりました。

ブランド名の統一により生まれたワイモバイル

top

ワイモバイルという名称は、イーモバイルやウィルコムというブランド名が混在していたことを受け、それらを統一する目的で2014年8月1日に誕生しました。
ワイモバイルに関しては、コマーシャルなども積極的だったため、ワイモバイルというブランド名は瞬く間に広まっていきました。
そんなワイモバイルも、2015年春にソフトバンクモバイルへと吸収合併される予定ですが、それでもワイモバイルというブランド名は継続する方針だということです。

このように、いろいろとややこしさを覚える経緯のあるイーモバイルとワイモバイルですが、こういった業界は多かれ少なかれ吸収合併などを経験するものなので、今後もまた何か新しい動きがあるかもしれません。

イーアクセスからワイモバイルへ

ワイモバイルというのは、現在のところワイモバイル株式会社ではありますが、2014年6月まではイーアクセスという会社名でした。
なおかつて存在したイーモバイル株式会社の主要株主はイーアクセスであり、イーアクセスは100%イーモバイルの株式を所有していました。
イーモバイルとワイモバイルとの違いを考えるときには、イーアクセスやソフトバンクモバイルといった会社にも注目していくといいかもしれません。
似たような名前が出てくると少し紛らわしいですが、今はネットでいろいろな情報が出ているので簡単に調べることができます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ